JOURNAL

gicipiの夏の名品カットソー ―小林 文(editor)

ノンストレスな着心地とスマートなデザインで、目の肥えたファッション業界の皆さんにも愛用者が多いgicipi。
2022ssの新作を、これからの季節に着たいリアルなコーディネートとともに語っていただきました。

.
.

日に日に気温が上昇してきて、本格的に夏物を探し始めた人も多いのではないでしょうか? たとえば、白Tシャツなどシンプル系カットソー。私もそのひとりです。仕事柄、情報に関してはたくさん集めたり集まってきたりしますが、結局のところ、自分が着るシンプル系カットソーは、毎年3ブランドくらいだったりします。そのうちのひとつが、ジチピです。

ジチピのカットソーは究極にシンプル。まあ、シンプルということだけであれば今の世の中、星の数くらい見つかりますが、ジチピのシンプルは“潔い”という意味で、唯一無二。そして、アンダーウェアから始まった(今でも本国イタリアではアンダーウェアがメイン)ブランドゆえの着心地のよさや、毎年少しずつ新しいデザインが登場するフレッシュ感も。

今シーズンは、私が特に注目している3アイテムに絞って、詳しく語ります。

カットソー【MARMO】(マールモ)/¥6380(税込)

いちばんの推しポイントは、クルーネックの“ヘルシー”感。

私にとってクル―ネックは“詰まっていてほしいもの”ですが、単に“詰まっている”だけで探すと、少年のようなラフさやたくましさがセットになってきたりする。

でも、このジチピのカットソーは違います。ちゃんと詰まっているけれど、“少年感”はなし。“エレガント”と表現するほどの意識的なきれいめ感ではなく、“ヘルシー”な雰囲気があるのです。その“ヘルシー”の秘密は、縫い目を極力感じさせないフラットなディテールと軽やかな素材。

薄手のコットン100%、着てみるとほのかな光沢(もちろんテカテカというのではなく)があり、するするとした感触で肌離れがいい。詰まったクルーネックもコンパクトなサイズ感も、この素材だからこそ、“ヘルシー”に落ち着きます。

加えて、キレのあるクリアなホワイトも潔くて清潔感たっぷり。大人の肌をワントーン明るくしてくれます。

.

ワンピース【FERRO】(フェ―ッロ)/¥10780(税込)

こちらは同シリーズのワンピース。昨夏『JORNAL』( https://gicipi-official.shop/news/606ceaa51e746b2981c7450e )で紹介し即完売した、長袖ワンピースのノースリーブバージョンです。

肩から裾までまっすぐ落ちるストレートなシルエット。脇の開き具合も首周り同様、キュッとしていて、下着が見えてしまう心配はなし。せっかくリラックス感が魅力のカットソーワンピース、インナーを気にしてそわそわ…なんてイヤですものね。手持ちのカップ付きキャミソールでもブラレットでも、お好きな下着でOKです。

フリーサイズで、154cmの私が着るとくるぶし丈。長身のかたであればふくらはぎくらいの丈感(オンラインショップにモデル着用あり)で、いずれも一枚でさらりと着られます。

生地のほのかな光沢感と、付かず離れずのシャープなストレートシルエットのおかげで、カットソーワンピースのゆるゆるとしたイメージを払拭してくれる一枚です。

私が着用しているのは墨のようなブラック。黒いレザー小物を合わせても自然と強弱がつくので、夏のモノトーン好きにはたまりません!

.

カットソー【BRONZO】(ブロンゾ)/¥7480(税込)

新作としては、こちらに注目。ハイネックの五分袖カットソーです。身幅も袖幅もゆったりとしていて、一見メンズライクな気がしますが、実際に体が入るとブラウスのよう!

それは、ほんのりハリのある素材によって、ボクシーなフォルムがキープされるから。腰骨丈くらいで、ビッグすぎないサイズ感だから。高くて首にしっかり沿う、キレッキレなハイネックだから。くすみのないホワイトだから。

.

裾に施した、太めの切り替えとサイドスリットもポイント。この気の利いたディテールも、さらにブラウス感を演出します。「Tシャツはどうもカジュアルで苦手…」というかたに「ぜひ!」と勧めたい、モードなカットソーです。

一度着ると病みつきになってしまうジチピのカットソー。夏の定番だからこそ、毎日のコーディネートを安心して支えてくれるものを選んでみませんか?

.
.
.

【profile】
1985年愛知県名古屋市生まれ。エディターとして、女性誌、web媒体等でファッションページや連載を担当。Instagram(@kobayashi_bun)やnote( https://note.com/kobayashi_bun )では、日々のコーディネートやコラムを更新中。またお笑いライターとしても活動。息抜きはお笑いライブ、仕事のおともは深夜ラジオ。